テーマ:杭州

【第四十一夜】 浄土から飛んできた霊峰・その2

わたしは中学生のころに強く仏教に興味を引かれ、その後、いっそ出家してしまおうかと考えたほどのひねくれたハイティーンでもあったのですが、しかし結局は「無事に」表面上はすっかり憑き物が落ちたような俗生活を送ってきました。しかし上海と杭州での見聞が心の深いところにまた仏教への憧れを吹き起こしてしまったようでした。 とはいえそのことに気づ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第四十夜】 浄土から飛んできた霊峰

前回の第三十九夜でのべたとおり1980年に上海と杭州をおとずれたことが、わたしの最初のシナへの旅でした。結果的にはそのことがいっそうシナへとわたしの心身をのめりこませることになった「心の旅」になってしまったのでした。 もうそのころは大学でかじったシナ学も忘れかけていましたが、その旅から帰って再度シナ語学習にうちこむということにもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more