テーマ:貧民街

【第三十二夜】 カモラのいる路上

元来が秘密組織であるので、その構成員がどんな風体をしているのか一般の市民にはしられていないのがマフィアである。それは日本における同様の組織構成員が一目でそれと知れるのとよい対照をなしている。 なんども総理をつとめたジュリオ・アンドレオッティがマフィアのメンバーだったと知れたことがあった。いろんな出来事にしごかれて、すっかりこすっか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【第三十一夜】 夜のスパーニッシュ・クオーター

男の好意でスペイン地区を参観する事になった。 男の運転する古いアルファ・ロメオは、ハンドルが三分の一ほど欠落していた。そしてあちこちガタピシいわせながらもどうにか動いていた。もちろん信号は、他の車同様に無視をして通り過ぎる。 トレド通りを北に向かって、ダンテ広場の手前を左に入った。そこは名高い、かのスペイン地区である。薄緑の街灯…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more