【第五十八夜】 死者の街の入り口で

ベルギーの作家・ローデンバックに、小説『死都ブルージュ』があるが、ブルージュ自体は死んではいない。ただ土砂がつもって港が使用不能になったため、かっての貿易港としての繁栄を失い、死んだような街となってしまった、ということだ。その街を背景に、死んだ妻の幻影を街でであった女に見て、その女を追いかける、というのがその小説の筋である。ブルージュ(フラマン語読みでは「ブルッへ」)は、いまはベルギー有数の観光都市として栄えている。

さてイタリアには、言葉の意味で真の「死の街」がある。いわずと知れたポンペイ(Pompei)である。西暦79年のベスビオ火山の大噴火により火山灰に埋もれ滅びた。18世紀(1748年発見)になり発掘がはじまり今に至る。ローマ時代そのままの街並みと建築が目の当たりにできる稀有な考古学的遺跡である。

しかしそれは破局のときそのままの死者の街である。

ポンペイは。ナポリ周辺地域観光の目玉の一つであるから、ご存知の方も多かろう。よってここではポンペイと同時に滅亡したもうひとつの「死の街」について述べよう。

エルコラーノ(Ercolano)は、ナポリからポンペイへ行く途中の海岸にある。ポンペイと比較してかなり小さく、半日もあれば全体を見学できる。ポンペイが全日かけても見切れない規模であるため、ローマ時代の建築生活様式を一望するためにはエルコラーノのほうが便利であるが、ポンペイほど有名ではないので訪れる観光客も比較的少ない。

画像


わたしがそこを訪れたのはもう十年近く前になる。ちょうど友人の結婚式に招かれたのを機会に、それまで訪れようとして果たさなかった思いを果たしたのである。

現エルコラーノ市の中心街の坂を降りたところに遺跡の入り口がある。そこを入るとすぐ右手下に遺跡が広がっているのだ。それはベスビオ山の裾野が海へとなだらかに落ち込むその一角に位置している。
20世紀(1927年)になってブドウ畑であった場所に偶然発見された旧市街の遺跡は、地下20メートルの土の中から掘り起こされたのである。だから新市街から見るとちょうど崖下にあるように見える。

入り口から遺跡までは遺跡東側の坂道を降りて南東の隅にある。そこからは木のつり橋を渡って遺跡へと入る。そのときはわれら家族三人と、案内役兼ドライバーとしてついてきてくれた友人の友人の計四人であった。

さて件のつり橋を渡って入場しようとしたとき、まだ三歳にも満たなかった豚児が激しく泣き出した。入場したくないという意思表示であった。


画像



どんなにあやしてもどうしても諾といわない。そこでしかたなく妻と友人だけが先に入り見学した後で、子供のお守りとして残るわたしが一人で見学することにした。

豚児は、そうしてしばらく、つり橋のこちら側の小さな広場で遊んでいたが、そのうち母親の不在が不安になったのか、今度は母を呼んで泣き出すことになった。

遺跡から何事か不安にさせる雰囲気を感じ取っていたはずなのに、それよりも母の不在のほうがより深刻な事態となったもようである。そこでわたしは豚児を腕に抱えて入場した。なぜなら彼は絶対に歩こうとはしなかったからである。しかもわたしの首筋にしっかりとしがみついたその力の入れようからも、彼の遺跡への惧れが消滅したのではないことを物語っていた。わたしは彼を抱く腕に力をこめて彼を守る意思表示とした。


画像


遺跡自体は、ほとんどポンペイと同様であった。しかし、ローマ時代の建築の特徴である中庭、玄関を入ったすぐにある天井の開いた雨水受け場、共同風呂、壁画などが、こじんまりとした場所にすべてがまとまっており、短期間でそれらを堪能できることはポンペイより優れている。ポンペイ見学もすばらしい経験であったが、とにかくその規模の大きさによりまず足が疲労してしまった。
しかもエルコラーノがいまだもつ死者の住まいとしての霊気は、ポンペイからは感じられないものである。それが豚児をして怖れさせたそのものである。また「死の街」とわたしが名づけた所以でもあった。

西側の遺跡上方には、いまでもブドウ畑であり、春のやわらかい日差しを浴びて新芽が生き生きと伸びようとしていた。陽にさらされてなお異様な姿をさらけ出す遺跡と、その植生の対比が強く印象に残っている。

そのあとわれわれは、近くの浜へ海を見に行った。ナポリ湾もそのあたりまでは汚染されてもう誰も泳ごうとはしない。しかもまだ時期が早すぎる。誰もいない石のころがる海辺でわれわれは死者のにおいを洗い流すように遊んだ。

まだ冷たい潮風をさけてふりむくと、背後にはベスビオ山の威容が思いもかけぬ近くに望まれた。そのとき、人間の歴史や営みはなんと儚いものであろうか、としみじみと思うばかりだった。


画像




この稿は、

【第十四夜】 死の街エルコラーノ

のための解説版としてエントリーしました。よろしければ、ついでにご覧ください。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック