【第四十八夜】 長安街を行くバス

北京の人々は、上海のそれとくらべておっとりとして礼儀をわきまえた振る舞いをするな、と感じたのは、上海に住んでからのことだった。

とくにお年寄りの方たちの、こちらが礼を示したときのきちんとした対応は好ましいものだった。

上海では、こちらが外国人とわかっていても上海語で押し通す強情さがあった。あれはきっと北京語を話せないからだと、あとで思い至った。

あるとき、仮に居住していたある大学の留学生楼から、面倒だがバスをのりついで市内中心部へでかけた。

バスが長安街に入ると、国内観光客とおぼしき人々が増えてきた。上海なら、乗客たちは露骨に、「田舎者め」という蔑視をあらわすところだ。

ところが北京ではちがった。

いかにも農村からのおのぼりさんとおぼしき老人二人が、大きな荷物をかかえて乗車してきた。

乗車口の近くに座っていたわたしのすぐ前の座席から若い女がすくっと立ち上がり、「おじいさん、おかけなさい」と席を譲るではないか。上海では到底考えられることではなかった。

そこでわたしも一緒に立ち上がり二人目の老人に席をゆずった。

二人の老人はさも当然そうに腰を下ろした。

わたしとその若い女はそのままその場所でつり革につかまって外を眺めていた。ふと視線を感じて首をふると、その女がわたしを見ていた。

外国人とわかって好奇心をもったのかもしれない。わたしが「何?」という風に目で問いかけると、女は、「いえ、別に」という風にこれも目で答えた。

そこで気がついたのだが、女は薬師丸ひろ子風の美少女ではないか!しかし彼女は、そのころすでにもうあまり見かけなくなった人民服姿である。そのことが急にわたしの興味をひいた。


画像



胸がすこしざわめいたが、さて何かを語りかけるべきなのだろうか、とくに話すべきこともないのだ。

女もだまったまま外を見やっている。

わたしもだまったまま外を眺めたままであれこれ話題を探してみたが、どうもろくなものが思いつかない。なんだか初恋の女の子のまえで言葉を失ってしまったようなものだ。

そのうち、わたしの目的地、王府井に着いた。わたしはもういちど彼女の方を見てみたが、女はこちらを振り向きはしなかった。

わたしは下車してからも、彼女のことを考えていた。そしてとてつもない大きなものを失ったような感覚に襲われていた。

しかしもうとりかえしもつかない。

北京一の繁華街といわれる通りの灰色のレンガ作りの建物の下方には黄沙がつもっていた。その日は穏やかな空模様だったが、それでも時おり吹き付ける西風がその黄沙をふっと巻き上げるのが目の隅に移った。

北京、で想い出す数少ない美しい事の一つがそれであった。



画像





人気blogランキングへ参加しました。よろしければ応援のクリックをお願いします。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

B犬
2008年08月11日 12:33
お初で申し訳ないのですが。
>北京、で想い出す数少ない美しい事の
>>少ないんかい!
ps 誰かの台湾といっしょやん、
すまそ
ps2 美しい話でしたから思わずでした
丸幸亭
2008年08月11日 16:12
B犬さん、
いらっしゃいまし。せっかくお越しいただいたのに、あいにくおっしゃることがよく理解できません。
にほんはにほん
2008年08月11日 22:15
巧みな文の構成。
冒頭をみる限りはお堅い話と思ってしまいますが、実のところは「思い出のアルバム」なんですね。
作法の違いの件ですが、言語も原因のひとつなんですね。
言われてみてなるほどと感じました。
原因を考えるにあたり、街の機能的特徴の違いにばかり、目がいっていました。
あと、出会いの件については、みなさん同感ではないかと思います。
いざという時、小さくなってしまう人の方が圧倒的に多いと思います。
丸幸亭
2008年08月11日 23:06
にほんはにほんさん、
そういう風にわかっていただけて、うれちいな、っと。
B犬
2008年08月12日 18:41
丸幸亭さん
>あいにく理解できません。
申し訳ありません

バッサリ斬られました(
俗にいう独り言でありました。
それはひろ子風の目に映る景色ということでお願い出来ますでしょうか?..<おぃッ!
すまそ
丸幸亭
2008年08月12日 19:35
B犬さん、

ううむ、やっぱ、わかんねえ・・?!?
誰かの台湾の誰かって誰??

もう歳だってことジャン(と幕後からの声)
B犬
2008年08月12日 21:50
ひろ子風の見た景色はひろ子風のものだけど、僕の景色でもあるのさ,って..ださー
では
すまそ
ps 適当に相手シタッテ蔵灰
ps2>もう歳だってことジャン
    ↑そのやさしさに(涙
丸幸亭
2008年08月13日 23:33
はあ、なるへそ。

この記事へのトラックバック